ダウン症の可能性を軽減す葉酸

ダウン症の子供は、年齢と共に確率が高くなると聞きますが、ダウン症になってしまうと、やっぱり親としては考えてしまう部分がありますね。
どうしても子供が欲しくて、待望の子供だった人にとっては、それでも嬉しいのかもしれませんが。

 

私の場合、元々があんまり子供が好きではなかったので、主人が望まなければ、子供を生まなくても良いと考えているタイプでした。
それだけに、障害を持った子供を育てる覚悟は、正直なかったんです。

 

そのため、どうしても子供には健常児に育ってほしくて、葉酸を摂れる食品を加熱しないで食べたり、かなり食生活を見直しました。
葉酸を摂れる食品を加熱してしまうと、栄養素が壊れてしまうので、良くないと勉強したり、産院でも積極的に食事と栄養バランスについて相談しました。

 

ちょっと神経質になり過ぎてしまったかもしれませんが、その甲斐があってか、子供は無事に健常児として生まれてくれました。
今は出生前診断で、子供に障害があるかどうかを調べる女性も増えているそうですからね。

 

やはり子供は欲しくても、障害があるとなると、生涯親が面倒を見ないといけない可能性もありますので、経済的にも労力的にも負担が大きく、諦めてしまう人も多いですね。