葉酸で赤ちゃんに必要な栄養素を摂取しよう

お腹の赤ちゃんの健やかな成長のために、妊婦さんに欠かせない栄養素とされている葉酸。これはビタミンB群の一種で、DNAやRNAを構成している核酸の合成に必要であるほか、赤血球やアミノ酸の合成、たんぱく質の生成促進作用、粘膜の強化など、人の身体にとって必要不可欠な成分です。

 

葉酸が不足すると、悪性の貧血や口内炎、食欲不振や下痢などさまざまな症状が現れます。妊娠初期、胎児の細胞分裂が盛んにおこなわれる時期には充分摂取することが大切で、この時期に不足すると、胎児の神経障害が起こりやすくなるといわれているため、葉酸は特に妊婦さんにとって欠かすことのできないものなのです。

 

もちろん、妊娠中の女性だけに必要なわけではありません。妊娠に気がつくのは2~3ヵ月頃が多いため、妊娠を希望している方は普段から摂取することがベターです。妊婦さんに必要な摂取量は、1日あたり400μg。これは成人の約2倍の量となります。

 

食品で言うと、ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれている栄養素ですが、1日に必要な量を摂取しようと思うと、かなりの量を食べなければなりません。そんなときに強い味方となるのが、サプリメントです。サプリメントで摂取する場合、その含有量が気になるところですが、葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰になった分は尿の中に排出されます。そのため過剰摂取を恐れる必要はなく安心です。