葉酸不足と発症リスク

葉酸はホウレンソウやイチゴ等に多く含まれている栄養素です。
ダイエットで食事制限をしたりしなければそれほど不足してしまう事は少なくありません。

 

しかし上手に摂取しないと葉酸欠乏症という症状が出てしまう事もあるので
充分注意しておく事が重要です。

 

最初は疲れ易くなったり、貧血になりやすくなったりするのですが次第に重い症状が出てしまう事が有ります。特に発症リスクが高まってしまう疾患は、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などの心血管系疾患です。

 

これは、葉酸不足によって血中のホモシステイン値が
通常時よりも上がってしまう事などが原因となっています。

 

ホモシステインとは血中にあるアミノ酸の事で増える事によって心疾患を起こしてしまう危険性がアップするという事が研究によっても明らかになっています。

 

従って、狭心症などの心血管系疾患のリスクを高めないようにする為には上手に葉酸を摂取する必要があるのですが、葉酸は加熱する事によって減少してしまうので注意しなければいけません。

 

また毎日同じ食事を食べ続ける事は大変です。

 

葉酸サプリであれば食事の質・バランス・内容などにも左右される事無く葉酸を上手に摂取する事ができるので毎日服用し続ければ葉酸不足によって狭心症などの発症リスクが高まってしまう可能性を低くする事も期待出来ます。